カテゴリー: 内分泌

糖尿病

犬の糖尿病は、ほとんどがインスリン依存型糖尿病(1型糖尿病)です。“インスリン依存型”とは、インスリンを分泌している膵臓のβ細胞が、何らかの原因により破壊され、正常にインスリンの分泌ができなくなり、その結果、高血糖状態が… もっと読む »