土・日・祝日も診療 | 愛知県名古屋市の動物病院 てらかど動物病院

てらかど動物病院
TEL 052-703-1101
topへ
アクセス・診療時間
  • 症例紹介
  • 初めて仔犬・子猫を迎えたら
  • トリミング
  • お知らせ
  • 患者様の声
  • 求人情報
  • リンク集
  • サイトマップ
さんちゃんとピートの日記
TERAKADO TRIMMING BLOG

1分で分かる!てらかど動物病院

ペットの成長と共に歩み続ける存在として

院長 寺門 俊博

こんにちは。院長の寺門です。てらかど動物病院では、ちょっとした相談ごとから、もしもの時の手術まで、動物との暮らしをより楽しく過していただくための存在でありたいと思っています。

ペットとの暮らしはとても楽しく素晴らしいものです。
私自身も1人の飼主の立場として、いつも実感しています。

しかし、生き物である以上、時に不安なことも起こります。年齢ステージによって気をつけていただきたいことも異なりますし、高齢になれば病気との付き合いも必要になります。そういったペットの成長とともに、最適なことをご提案できる、共に歩み続ける存在でありたいと考えています。
                                                                ⇒スタッフ紹介はコチラ

3つの診療方針

1 獣医師の立場だけではなく、1人の飼主としての診療を

当院のスタッフのほとんどが、獣医療従事者である前に、1人の飼主の立場でもあります。そのため、自分のペットが同じ状況であればどうするか?という想いが当院の考えの根本にあります。

病気の治療などは幅広い選択肢がありますが、それぞれにメリット・デメリットもあるため、当院は、複数の選択肢をご提案します。そして、自分が飼主の立場であれば、この治療を選択するということもお伝えします。そのうえで、飼主様とよくお話しをして、決定していきます。

「もっとやってあげれば良かった・・・」、「やってしまって後悔した・・・」など、飼主様の選択が将来の後悔を生まないことが最善の診療だと考えています。

2 小さな家族のために「優しい治療・手術」を

私達は、飼主様のおっしゃることを丁寧に聞き、よく話し合っています。そして、小さな家族の為に何がベストなのかを相談しています。病院側だけの意見を押し付けない、あなたとの相互のコミュニケーションを大切にしています。
                                                 ⇒当院の優しい治療・手術への考え方はコチラ

3 プラスアルファを常にご提案できる獣医療のプロとして

「この治療をして欲しい」というご要望を持ってご来院いただく飼主様もおられます。しかし、動物の健康を考える場合、別の選択肢を選ぶことが最善の場合もあります。飼主様のご要望に単にお応えするのではなく、獣医療のプロとして飼主様の本当の目的にお応えする存在でありたいと考えています。

私達が小さな家族のためにできること

診療内容 施設・設備
健康管理 手術
ペットホテル・オリジナルサービス トリミング
患者様とともに

不安を取り除く、「アットホーム」な環境作りを

院内はペットと飼い主様にストレスを与えぬように、待合室などの環境でアットホームな雰囲気作りをおこなっています。
外観 受付 待合室
外観 受付 待合室
診察室1 診察室2 入院室
診察室1 診察室2 入院室
手術室 駐車場 第2駐車場
手術室 駐車場 第2駐車場

不安を取り除く、「安心」の医療環境を

安心の獣医療をご提供するための医療機器をご紹介します。
CT CT CT

CT

当院の特徴である画像診断をより高精度に行うために導入しました。
レントゲン検査やエコー検査では診断できない病変も見つけることが可能です。
顕微鏡・モニター 内視鏡 超音波検査

顕微鏡・モニター

顕微鏡で見たものを診察室のモニターで確認いただくことができます。

内視鏡

お腹を切らずに胃の中の物を取り出せます。また、胃の中に何かできていないかなど詳しい検査もできます。動物に負担をかけずに済むのが最大の利点です。

超音波検査

妊娠しているのか、膀胱の中に何かできていないかなど、お腹の検査や心臓の状態を見ることができます。

生化学・血球計算 CR(レントゲン) 心電図解析機

生化学・血球計算

生化学は、肝機能や腎機能、血糖値などを見る機会です。血算は貧血や脱水がないか、炎症は存在していないかを見るものです。

CR(レントゲン)

レントゲン画像を画像データとして取り込むため、これまでのように、その都度現像をする必要がありません。時間をかけることなく、レントゲン画像を確認することができます。

心電図解析機

心臓は拍動するごとに微弱な電気を発生しています。その電気を計測することで不整脈や心臓疾患の検査に主に使用しています。

歯科用モーター・超音波スケーラー 眼科検査機器 血管シーリング

歯科用モーター・超音波スケーラー

歯石を取った後に、歯の表面を磨くポリッシングを行います。これで歯もピカピカになります。

眼科検査機器

眼科診療のための検査機器です。眼底鏡やスリットランプ・眼圧計などがあります。

血管シーリング

太い血管や組織を安全に確実にシールし止血します。手術時間を短縮できるため、麻酔時間を短くすることが可能です。

生体モニター 血圧計 吸入麻酔器&人工呼吸器

生体モニター

手術中の心電図、酸素飽和度、血圧を測ります。

血圧計

手術中の血圧を測ります。

吸入麻酔器&人工呼吸器

気管に通したチューブから酸素と一緒に麻酔のお薬が流れて麻酔を維持します。また、人工呼吸により呼吸管理をすることがあります。

ICU 整形外科ドリル 整形外科器具

ICU

酸素濃度装置は高濃度の酸素を供給することができます。インキュベーターは酸素と室温を一定に保つことができます。

整形外科ドリル

骨折などの際に使用する外科用ドリルです。

整形外科器具

骨折などの整形外科で使用する手術器具です。手術の内容により様々な器具を使用します。

オトスコープ(耳用内視鏡) 血液凝固 グルコース測定器

オトスコープ(耳用内視鏡)

耳の中を詳しく見るための耳用の内視鏡です。この機器があることによって耳の奥まではっきりと見ることができます。

血液凝固

ペットの状態によって、血液が固まらなくなることもあります。手術前に行うことで血液の状態がわかり、手術の安全性を高めることができます。

グルコース測定器

血液を用いてグルコース(血糖値)の測定を行うことができます。糖尿病の検査などに使用しています。

歯科用ポータブルレントゲン ネブライザー

歯科用ポータブルレントゲン

歯科用に特化したレントゲンで細かい病変まで見つけることができます。

ネブライザー

慢性鼻炎・喘息などに用いる治療器です。呼吸器疾患などで苦しいとき、呼吸を楽にできます。